新築分譲一戸建て・分譲住宅のメルディア グレイス

first_view-12.jpg

一戸建て住宅の防音対策

「子供がはしゃぎすぎて近所の人に迷惑をかけていないか心配」

「生活音が漏れないようにしたい」

と考えている方に向けて、本記事では一戸建ての防音対策について解説しています。

実は住宅のトラブルで最も多いのは「騒音」によるものです。

よって、プライバシーを保護するという意味でも、近隣の方へ迷惑をかけないという意味でも、防音対策は非常に重要です。

ぜひ最後まで読んで、ご家庭の防音対策の参考にしてみてください。

 

 

一戸建ての防音対策

 

騒音を生み出す原因と必要な対策について解説していきます。

 

騒音の原因となる音は3種類

 

適切な防音対策をするためには、騒音の原因となる「音」の性質を理解する必要があります。

騒音の原因となる音には「空気音」「固体音」「混合音」の3つが存在します。

これら3つの音に適切に対応することで、防音効果が期待できます。

 

・空気音

→空気を伝わる音。声や雷の音、テレビの音などが空気音に該当します。

 

・固体音

→地面や壁を伝わる音。足音や洗濯機の振動など、固体を振動させて発生させられる音が固体音に該当します。

 

・混合音

→空気音と固体音が合わさった音。工事現場の騒音や、電車が通るときの音などが該当します。

 

自分でできる防音対策

 

自身で手軽にできる防音対策としては以下が挙げられます。

 

防音カーペット

防音カーペットはその性質上、音をよく吸収します。

ピアノが置いてあったり、活発に動く子供がいたりする家庭におすすめです。

最近では、デザイン性に優れた防音カーペットも登場しており、インテリアの一種として購入する家庭も増えています。

抗菌消臭機能が付属しているものもあるので、必要に応じて導入を検討してみてください。

 

防音カーテン

防音カーテンには、外部の音をシャットアウトする「遮音タイプ」と、室内の音を吸収する「吸音タイプ」の2種類が存在します。

外部の騒音をシャットアウトしたいのか、室内の音を響かせたくないのか、ご自身の状況を鑑みて最適なものを選ぶようにしましょう。

 

また、 防音対策として防音カーテンを購入するときは、縦は床までなるべくぴったりで、横幅は窓より少し大きめのものを選ぶことをおすすめします。

 縦が長すぎると、掃除の際に掃除機で巻き込んでしまう可能性が高く、加えて横幅が狭いと、防音カーテンの効果が薄れてしまうからです。

 

防音カーテンは、防音効果以外にも、遮光・断熱効果を兼ね備えたものも販売されています。

目的に合ったものを選び、防音対策に活かしてください。

 

遮音テープ

普段生活していると気がつきませんが、ドアや窓は完全に閉まっているいるように見えても若干の隙間が空いています。

そしてそこから生活音が漏れてしまっているケースはよくあります。

遮音テープとは、そうした隙間に貼ることで、室内の生活音を遮断できるアイテムです。

貼る前には、テープを貼って窓やドアがしっかり閉まるか確認する必要がありますが、つけ剥がしが非常に簡単なのでとても手軽に防音対策ができます。

 

遮音ゴム

電化製品で騒音となりうる可能性が高いのが洗濯機です。

当然、洗濯は「うるさいから洗濯しない」という選択は取れません。

遮音ゴムは、洗濯機の下に敷いておくことで洗濯機の振動による音を軽減してくれるアイテムです。

自宅の壁が薄く洗濯機の騒音が心配な方は、ぜひ購入を検討しましょう。

 

業者に委託する防音対策

 

自身での対策が難しい場合は、専門業者への依頼を検討しましょう。

市販では入手できない専門の防音材を使用した対策を行ってくれます。

 

吸音材や遮蔽材を使用

吸音材とは、その名の通り音を吸収する建築素材です。

吸音材には小さな穴が複数空いており、その穴が音を吸収する仕組みになっています。

一方、遮蔽材とは、空気が振動して伝わる音を外部へ出さないようにする建築素材のことです。

壁や床をリフォームする際に使用すると、通常の木材よりも高い防音効果が得られます。

 

中空二重構造

中空二重構造とは、二重窓の壁バージョンのようなもので、壁が二重になっており、壁と壁の間に空間ができている構造のことを言います。

一見、空間ができている方が音が響きそうですが、この中空二重構造の方が壁が一枚の一戸建てよりも防音効果が高いのです。

家の中でピアノなどの楽器を弾いたり、ペットを飼っていたりする場合に有効です。

 

二重窓

二重窓とは、窓の内側にもう一つ窓を設置する構造で、内窓や二重サッシとも呼ばれます。元々の窓ガラスが防音ガラスであれば問題ないのですが、通常のガラスの場合は防音性が低いです。

そこで二重窓にすることで、気密性を高められ、防音効果の強化が期待できます。

また、二重窓は室内の音を外部に漏らさないだけでなく、外部の騒音もシャットアウトすることが可能です。

 

低コストかつ簡単に防音対策をしたいのであれば自分でできる範囲のものを、多少コストがかさんでも隣人や近所への影響を考慮し、防音対策がしたいのならば業者に依頼することをおすすめします。

 

一戸建てに防音対策を施し快適な暮らしを送りましょう

 

いかがでしたでしょうか。
本記事をお読みいただくことで、一戸建てにといて効果的な防音対策をご理解いただけたと思います。

 

自身だけでなく近隣住民と良好な関係を築き、快適な生活を送るには防音対策は必要不可欠です。

防音対策を徹底して快適な一戸建てライフを送ってくださいね。

 

分譲住宅の常識を変える家づくりに挑戦する、三栄建築設計のメルディアグレイスです。

「同じ家は作らない」をテーマに、機能もデザインも妥協しない上質な家と街並みを追及します。
メルディアグレイスは、東京・千葉・神奈川・埼玉を中心に展開しております。

住宅選びでお悩みの際は、三栄建築設計のモデルハウスに足を運んで頂けると幸いです。

分譲一戸建て住宅をお探しの方は、当サイトの各物件ページよりお気軽にお問合せください。

New Property

新着物件

媒介:株式会社くらしお不動産

thumbnail-s.jpg
千葉

メルディアグレイス下総中山

交通:JR総武線「下総中山」駅 徒歩11分・東京メトロ東西線「原木中山」駅徒歩10分

媒介:朝日土地建物大和店

thumbnail-s_3.jpg
神奈川

メルディアグレイス長後憩いの森

交通:小田急江ノ島線「長後」駅徒歩25分。長後駅西口バス5分「上土棚」停下車徒歩6分 価格:2,980万円 〜 3,380万円(税込)

販売代理:メルディアリアルティ荻窪本店

thumbnail-s_33.jpg
東京23区外

メルディアグレイス八王子打越町トレック・コート

交通:JR横浜線「片倉駅」徒歩10分、京王線「北野駅」徒歩12分 販売価格:3,980万円 〜4,330万円(税込)

販売代理:メルディアリアルティ横浜支店

thumbnail-s_3_1.jpg
東京23区外

メルディアグレイス金井ヶ丘

交通:小田急線「鶴川」駅徒歩13分 価格:3,780万円 〜 4,480万円(税込)

販売代理:メルディアリアルティ荻窪本店

thumbnail-s_3.jpg
東京23区外

メルディアグレイス日野石田

交通:多摩モノレール線「万願寺」駅徒歩4分 価格:4,480万円~4,680万円(税込)

COLUMN

コラム

建売住宅と注文住宅の違いやメリットとデメリット

モデルハウスを見学する際の注意点

新築一戸建て住宅の住まい給付金の受給額や申請方法