first_view-6.jpg

一戸建ての光熱費は?節約のコツ

マンションから一戸建てに引っ越した方から、光熱費がものすごく上がってびっくりした、という話を聞いたことはありませんか。

事実、マンションよりも一戸建てのほうが光熱費は高い傾向にあります。

せっかくの戸建てマイホーム、快適に暮らしたい気持ちもありますが、やはり日々の光熱費はできるだけ抑えたいものですよね。

 

では、具体的に一戸建ての光熱費はどれくらいかかるのでしょうか。

そして、マンションと比べてどのようなところに光熱費がかかる要素が隠れているのでしょうか。

今回は、データを参照しながら一戸建ての光熱費について詳しくみていきます。

 

一戸建ての購入を検討していて、光熱費がどれくらい変わるのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

物件の資料請求はこちら

 

 

一戸建ての光熱費(4人家族)

 

<光熱費とは>

 

そもそも光熱費とは、家庭における電気・ガス・灯油などのエネルギーや燃料代のことを指します。

電気は生活のあらゆる場面で使いますし、ガスはコンロの他、給湯システム、ガス暖房などに用いられています。

 

灯油は、石油ストーブや石油ファンヒーターなど、冬季の暖房機器に用いますが、若い世代の場合、灯油を使う機器を持っていないという方も多いでしょう。

よって、今回光熱費として挙げるのは、電気・ガスのみとします。

 

一戸建ての電気代は高い?

 

マンションと比較すると、一戸建ての光熱費は約2,000円ほど高いと言われています。

これにはいくつかの理由が考えられます。

 

まず、マンションに比べると、一戸建ては面積が大きく、部屋数も多いことがほとんどです。

ファミリータイプの3LDKのマンションですと、面積は60~70平方メートル程度が一般的です。

一方で、建売住宅の延床面積は平均で100平方メートル。部屋が広い、あるいは増えた分、光熱費が上がりやすいということです。

 

次に、建物の気密性の違いです。コンクリート構造のマンションは気密性が高いですが、木造の戸建ては気密性が低く、冷暖房が効きづらい構造です。

また、外の気温に影響されやすく、天井が高かったり吹き抜けが多かったりする一戸建てならではの事情も、光熱費が上がる一因です。

 

また、電気の契約アンペア数もマンションに比べて高いことがあります。

一概に一戸建てのほうがアンペアが大きいわけではありませんが、アンペアが大きくなると電気の基本料金も一段階上がります。

これまでコンパクトなマンションに住んでいて30Aだったけれど、一戸建てに越して40Aになったという場合は、電気代が上がったと実感する方が多いでしょう。

 

都市ガスとプロパンガス

 

ガスの契約状況によっても、光熱費は大きく変わります。

都市部の住宅は、ほとんどが都市ガスといって地面からガスを引いて使っています。

しかし、郊外や古い住宅の場合、都市ガスが埋設されておらず、大きなガスボンベに入ったプロパンガス(LPガス)を業者に持ってきてもらって使います。

 

都市ガスは比較的価格が抑えられていますが、都市ガスが引いてある地域でしか利用することができません。

一方で、プロパンガスは全国どこでも設置できるものですが、価格は業者が自由に設定していることから、都市ガスに比べるとかなり高額になることもあります。

金額にすると、プロパンガスのほうが平均で約2,000円高くなっています。

 

4人家族の平均的な光熱費

 

では、4人家族の光熱費は実際にどれくらいかかるのでしょうか。

4人世帯の1カ月あたりの電気代は、平均約12,000円となっています(2019年)。また、ガス代は1カ月あたり平均約5,200円(2020年)です。合計で、1カ月あたり約17,000円以上の光熱費がかかっているということがわかります。

 

このデータは、マンションと戸建てを合わせたものです。

また、都市ガスとプロパンガスも合わせて算出された数値です。

実際は、季節や住まい、電気・ガスの契約状況によって差があります。

 

光熱費を節約する方法

 

一戸建てに住まうにあたり、光熱費を節約する方法はいくつかあります。

 

まず、高気密・高断熱の家を購入するという選択肢が挙げられます。

夏は暑くなりにくく、冬は冷えにくいという特徴がありますので、住宅購入の際の判断材料としても良いかもしれません。

 

次に、電力・ガス会社を変える方法があります。

ガス契約とセットでお得になるプランや、使用量が多い方、夜間に電気を多く使う方向けなどさまざまなプランがありますので、ライフスタイルに合わせて契約すると節約が期待できます。

 

また、電気をこまめに消す、人のいないところは冷暖房を使わない、シャワーの時間を短くする、追い焚きを減らす、といった当たり前のようなことも、光熱費の節約に繋がります。

 

 

戸建ての特徴を知って賢く光熱費を節約

 

いかがでしたか。

今回は、一戸建ての光熱費の内訳や金額について解説しました。

一戸建ては光熱費が高くなりがちですが、さまざまな節約方法で支出を抑えることができます。

この記事を参考に、家計にも嬉しい素敵なマイホームを見つけて、快適に暮らしましょう。

 

メルディアグレイスは、東京・千葉・神奈川・埼玉を中心に展開しております。

住宅選びでお悩みの際は、三栄建築設計のモデルハウスに足を運んで頂けると幸いです。

分譲一戸建て住宅をお探しの方は、当サイトの各物件ページよりお気軽にお問合せください。 

New Property

新着物件

販売代理:メルディアリアルティ溝の口支店

神奈川

メルディアグレイスあざみ野 ウエスト

交通:東急田園都市線「あざみ野」駅徒歩19分

媒介:メルディア リアルティ横浜支店

神奈川

メルディアグレイス藤沢

交通:JR東海道本線(東京~熱海) 「藤沢」駅 徒歩12分

媒介:ハウスイノベーション

埼玉

メルディアグレイス見沼代親水公園Ⅱ

交通:日暮里・舎人ライナー「見沼代親水公園」駅 徒歩17分

媒介:メルディア リアルティ足立支店

東京23区

メルディアグレイス竹ノ塚

交通:東武伊勢崎線「竹ノ塚」駅 徒歩9分

媒介:メルディア リアルティ江戸川支店

東京23区

メルディアグレイス船堀

交通:都営新宿線「船堀」駅 徒歩16分

COLUMN

コラム

パントリーのある住宅のメリットとは?活用方法も紹介

2階にリビングがある家の特徴とメリット

物件概要によくある「セットバック」とは?