first_view-22109161_s.jpg

ウォークインクローゼットとは?その特徴とメリットを紹介

子どもが大きくなったことで家のなかの荷物が増えてきて、ウォークインクローゼットがついている物件の購入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか??

 

そこで本記事では、ウォークインクローゼットのタイプやメリットを紹介します。

収納スペースの確保のために新しくウォークインクローゼットつきの物件を検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

ウォークインクローゼットとは

 

ウォークインクローゼットとは、人が入れるスペースがあるクローゼットのことです。

間取りには「WIC」と記載されます。

 

一般的なクローゼットと同様に、ハンガーパイプに衣類を収納することもできますし、棚が付いていれば鞄や小物などの収納も可能です。

 

主に3畳程度の広さが多く、出入りのための扉がないタイプもあります。

 

ウォークインクローゼットとウォークスルークローゼットの違い

 

クローゼットは出入り口が1か所の収納スペースで、奥行きがないため人が入るほどの広さがありません。

一方でウォークインクローゼットは、クローゼットと同様に出入り口は1か所しかないものの、収納スペースに奥行きがあることで人が入るくらいの広さがあります。

 

ウォークスルークローゼットとは、クローゼットを2部屋でつないで通り抜けできるように出入り口が2か所ついているクローゼットのことです。

 

クローゼットやウォークインクローゼットも衣類や小物を収納するスペースであることは一緒ですが、なかを通り抜けられるようにはなっていません。

 

ウォークスルークローゼットは家の面積が狭い場合でも、スペースを有効活用して通り抜けできる通路を確保できるので、荷物の出し入れの動線も楽になります。

 

ウォークインクローゼットを利用する4つのメリット

 

これから利用をお考えの方は、どのようなメリットがあるのか押さえておきましょう。

 

ここからは、ウォークインクローゼットの主な4つのメリットを紹介します。

 

メリット①衣類やアクセサリーの管理がしやすい

 

ウォークインクローゼットは収納スペースが広いため、衣類やアクセサリーなど、しまっているものをひと目で確認できます。

そのため、収納したものの管理がしやすく探す手間がありません。

 

また、ウォークインクローゼットのタイプによってはボックスをそのまま収納できるため、ハンカチやネクタイといった小物を種類別に仕分けて管理することも可能です。

 

メリット②衣類以外も収納できる

 

一口にウォークインクローゼットといっても、いくつかの種類があります。

たとえばハンガーメインタイプは、衣類の収納をメインとしているため、衣類以外の収納にはあまり適していません。

一方で収納棚全面タイプやユニット棚タイプは、衣類だけでなく靴やかばん、アクセサリー、ハンカチやタオルなどの小物も収納できます。

 

靴やかばんは直接棚に置いてもよいですが、アクセサリーや小物はまとめて収納できるように種類別にボックスを作って収納すると、使い勝手が良くなります。

 

また、扇風機やスーツケースといった大きな荷物も収納できるので、使用頻度が少ない荷物の収納にも便利です。

 

メリット③着替えスペースとしても使える

 

ウォークインクローゼットは収納スペースが広いことが特徴ですが、加えて人が歩けるほどの広さもあるため、着替えを行うこともできます。

 

ウォークインクローゼットのなかで着用する衣類を選んでそのまま着替えられるため、手間がありません。

収納してある服をウォークインクローゼットのなかで脱ぎ着しながら選べるので、その場でさまざまなコーディネートを考えられます。

 

また、出入り口となる扉がついている場合もあるので、扉を閉めて利用すれば、家族や友人などに見られる心配なく着替えられます。

 

メリット④衣替えが不要になる

 

ウォークインクローゼットは、多くの衣類を収納できるので、季節が切り替わる際の衣替えは必要ありません。

 

かさばりやすいコートやジャケットなどの冬物は、ボックスに収納するよりもハンガーに掛けたほうがスペースを取らずに収納できます。

また、収納されている衣類や小物はすべて、どこになにがあるのかをひと目で確認できるので1枚羽織りたい場合にもすぐ取り出せます。

 

ウォークインクローゼットがおすすめの人

 

最後にウォークインクローゼットの利用におすすめの人を紹介します。

自分に当てはまっていれば、ぜひ利用を検討してみてください。

 

衣類や小物などの荷物が多い人

 

ウォークインクローゼットは多くの衣類や小物を収納できます。

そのため、荷物が多い人にとってはおすすめだといえるでしょう。

 

たとえば趣味でパーカーを集めている人は、畳むとかさばるパーカーを畳まずにウォークインクローゼットにすっきりと収納できます。

また、家族が増えて玄関に靴が散乱している場合は、ウォークインクローゼットのなかに棚を取り付けて、履く頻度の低い靴を収納すると玄関にスペースが生まれます。

 

衣類だけでなく靴も収納できることから、ウォークインクローゼットを活用して家のなかにあるもの収納することで、生活空間にゆとりを持たせることも可能です。

 

2人以上の家族で暮らしている人

 

2人以上で一緒に住んでいる場合、収納する場所がバラバラでそれぞれの荷物が混ざってしまうことがあるでしょう。

 

そのため、2人以上で住んでいる方には、収納されている荷物がひと目で見て自分のものか判断できるウォークインクローゼットの利用がおすすめです。

 

たとえば、ウォークインクローゼットの収納空間を2等分にして、収納する荷物をそれぞれの場所で管理することでお互いの荷物が混ざらずに管理できるでしょう。

 

ウォークインクローゼットのタイプ

 

ウォークインクローゼットには、主に3つのタイプがあります。

 

タイプ別にそれぞれの特徴を紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

 

収納棚全面タイプ

 

収納棚全面タイプとは、ウォークインクローゼットのスペース全体に収納棚やハンガーパイプを設置するタイプのことです。

 

スペース全体を活用できるため、3つのタイプのなかでもっとも多くの衣類や小物を収納できます。

棚を設置によって衣類だけでなく靴やかばんなどの収納できるので、小物を収納したい方にもおすすめです。

 

ただし、スペースいっぱいに収納棚を設置してしまうと歩くスペースが取れなくなることや、どこになにを収納したかがひと目でわかりづらいことがデメリットとして挙げられます。

 

ハンガーメインタイプ

 

ハンガーメインタイプとは、壁に対して直接ハンガーパイプを設置するため、主に衣類を多く収納できるタイプのことです。

ハンガーパイプをもっとも多く設置できるタイプのため衣類を多く収納できることはもちろん、どこにどの衣類が収納されているかをひと目で判断できることが特徴です。

 

しかし、ハンガーパイプを設置することで収納棚の設置ができなくなるため、靴やかばんといった小物の収納には適していません。

 

ユニット棚タイプ

 

ユニット棚タイプとは、壁に対してユニットキャビネットを取り付けるタイプのことです。

 

ユニット棚タイプは自分でレイアウトを考えられることが大きな特徴です。

棚板やボックスを組み合わせられるため、自分の好みの収納スペースにアレンジすることもできます。

 

また、IKEAや無印良品などの店舗で取り扱いがあるため、自分でお店に行って好きなサイズのユニットキャビネットの購入が可能です。

 

大きさはもちろん色も好みのもので揃えられるため、収納スペースをこだわって作りたい方におすすめです。

 

こちらの記事では、シューズインクロークについて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

【おすすめ記事】シューズインクロークとは?種類や主なメリットを紹介

 

 

メルディアグレイスおすすめ物件

 

最後に、メルディアグレイスがおすすめするウォークインクローゼット付き物件の紹介をします。

 

物件詳細 

物件名  :メルディアグレイス扇大橋

価格   :4,080万~4,830万円(税込)

最寄駅  :日暮里・舎人ライナー「扇大橋」駅より徒歩7分

総区画数 :8区画 

間取り  :2LDK+2s~ 4LDK

 

メルディアグレイス扇大橋は、ウォークインクローゼットを組み込んだ、収納スペースが豊富な間取りとなっています。床暖房やリモートワークにも適したカウンタースペース、シューズインクロークも導入しているため快適な生活が可能です。

また、都心へのアクセスも快適で、東京駅や新宿駅にも30分以内で出られるため、買い物や通勤にも便利な立地です。

周辺スポットとして、教育施設はもちろん大きな公園も隣接しているので、これから子育てをされる方でも気兼ねなく過ごせます。

「メルディアグレイス扇大橋」公式ページはこちら

 

 

※当コラム内の建物や間取り、住環境や街並みなどに関する評価はあくまで一般的なものであり、 すべての方に当てはまるものではありません。気になるメルディアグレイスや街並みについては、ぜひご自身の目でお確かめください。

 

ウォークインクローゼットを利用するメリットは多くのものを収納できること

 

いかがでしたでしょうか?

 

ウォークインクローゼットは、スペースをすべて収納として活用できるため、衣類はもちろんアクセサリーや小物などの収納が可能です。

ウォークインクローゼットを利用することで、収納したものの種類がひと目で分かるように管理できることや着替えスペースとしても活用できます。

 

衣類や小物などの荷物が多い人や2人以上の家族で暮らしている人は、荷物の収納のためにウォークインクローゼットの利用がおすすめです。

 

メルディアグレイスはメルディアグループが提供している住宅ブランドです。

「同じ家は、つくらない。」を理念とし、デザイン性にこだわった街と家を作り上げます。

 

メルディアグレイスは、東京・千葉・神奈川・埼玉を中心に展開しております。

関東圏で戸建て住宅の購入を検討されている方は、ぜひメルディアグレイスの物件をご覧ください。

また、住宅選びでお悩みの際は、三栄建築設計のモデルハウスに足を運んで頂けると幸いです。

分譲一戸建て住宅をお探しの方は、当サイトの各物件ページよりお気軽にお問合せください。

New Property

新着物件

販売代理:メルディアリアルティ溝の口支店

神奈川

メルディアグレイスあざみ野 ウエスト

交通:東急田園都市線「あざみ野」駅徒歩19分

媒介:アーキスト

東京23区

メルディアグレイス大森

東京モノレール「昭和島駅」徒歩11分 京急本線「大森町駅」徒歩16分

媒介:メルディア リアルティ足立支店

東京23区

メルディアグレイス見沼代親水公園

交通:日暮里舎人ライナー線 「見沼代親水公園」駅 徒歩5分

媒介:メルディア リアルティ荻窪本店

東京23区外

メルディアグレイス昭島

JR青梅線「拝島」駅徒歩14分

媒介:メルディア リアルティ江戸川支店

千葉

メルディアグレイス妙典

交通:東京メトロ東西線「妙典」駅 徒歩10分

COLUMN

コラム

パントリーのある住宅のメリットとは?活用方法も紹介

2階にリビングがある家の特徴とメリット

物件概要によくある「セットバック」とは?